分配金のお支払いについて
住所変更の届出をお忘れなく
基金を解散すると、国の代行部分の債務を全額、国に返還する必要がありますが、保有している年金資産が国に返還する額を上回っている(残余財産がある)場合は、加入員・年金受給者・年金受給待期者の皆さまに必要積立計算に応じ分配することとなります。
これを分配金といいますが、この計算には解散認可後概ね2年程度を要します。
この間に住所が変わった場合、届出をされないと、当基金から分配金についてのご連絡ができなくなりますので、住所変更の届出はお忘れないようお願いいたします。
分配金のお支払いについてのご案内は、平成30年5月頃より対象者の皆さまにお送りし、10月以降にお支払いを開始させていただく予定です。

※届出用紙は、トップページの「異動届のダウンロード」をご参照ください。