厚生年金基金の個人情報の取り扱い個人情報保護について
東京実業厚生年金基金 個人情報取り扱いに関する基本方針
1. 東京実業厚生年金基金(以下「基金」という。)は、個人情報保護の重要性にかんがみ、基金における加入員ならびに受給待期者・受給者の皆さまの個人情報の保護に努めます。
2.

基金は、あらかじめ公表した利用目的の範囲内で、公正かつ適正な方法で個人情報を取り扱うものとします。

3. 基金は、利用目的の達成に必要な範囲内において、個人データを正確かつ最新の内容に保つよう努めます。  
4. 基金は、個人データ管理責任者を置き、保有する個人データの漏洩や滅失を防ぐために、安全管理措置を講じ、個人データの取り扱いについて委託する場合は、委託先に対し必要かつ適切な監督を行います。  
5. 基金は、加入員、受給待期者または受給者の皆さまより、当該個人データの開示等の申し出をいただいた場合には、ご本人を確認のうえ、合理的な範囲内で速やかに対処いたします。
6. 基金は、個人情報保護に関して適用される法令、規範を遵守し、個人情報保護管理規程を定め、これを実効あるものとして運用するとともに必要に応じて随時改善に努めます。


個人情報取扱事業者の名称 東京実業厚生年金基金
個人データの利用目的 ◆年金及び−時金の給付管理
◆年金裁定請求書等の送付
◆現況届・支払通知書の送付
◆機関紙(ねんきん)の送付
◆年金受給者しおりの送付
◆福利厚生事業案内の送付
個人データの開示等の
請求手続

◆申出先  
〒103−0004
東京都中央区東日本橋3−10−4
東京実業厚生年金基金  
電話:03-5695-6000
FAX:03-5695-6110
◆請求方法
当基金で定めた様式「個人データ開示等の請求」申請書に必要事項(開示内容・住所・氏名・電話番号・勤務先名及び所在地)等を記入のうえ、請求をお願いします。
◆本人確認のための書類  
上記の「申請書」に当基金発行の「加入員証」を提示または写しを漆付してください。
◆代理人による請求
上記の「申請書」に本人の委任状(署名・捺印)、代理人の身分証明書(または写し)を添付してください。

個人情報に関する
苦情・相談窓口
東京実業厚生年金基金 総務部
受付時間: 月〜金(祭日・年末年始を除く)
午前9時〜午後5時
注)「個人データ開示等の請求」申請書は、当基金の窓口に備えております。