基金の財政運営財政報告
将来の年金給付のために掛金と運用収益を積み立てています
基金の財政運営は、将来の年金給付に必要な資産額を年金数理計算によってあらかじめ予測し、計画的に資産を積み立てていく「事前積立方式」により行われています。
年金給付に必要な財源は、加入員と事業主の皆さまから納められた掛金と積立金の運用による収益で賄われます
基金では、信託銀行や投資顧問会社などの運用機関を通じて株式や債券などの市場で積立金の運用を行い、収益を確保しています。
基金の掛金については、5年ごとに年金数理計算の前提を新しい数値に変えて財政再計算を行い、掛金率が現状のままでよいかどうか検証をしています。

基金の財政運営のしくみ(イメージ)

予算と事業計画
決算と財政検証
基金では、適正な事業運営が図られるよう事業年度ごとに予算を作成し、代議員会の承認を得て、新年度が開始される前に厚生労働大臣に届け出ることになっています。
毎年度の決算では、1年間の収支状況や資産の積立状況をチェックしています。積立状況については、ふたつの基準(継続基準・非継続基準)に照らして財政検証を行います。
年金資産運用
 
年金給付に必要な財源は、事業主と加入員から納められた掛金と、それを原資に長期運用して得られた収益で賄われます。
このため、どのような方法で運用していくのか、運用機関を選択するかは、基金にとって重要な課題となります。
各年次の「予算」、「決算」「運用状況」のページをご覧いただくには、基金が発行するIDとパスワードが必要となります。お知りになりたいときは、基金までお問い合わせください。